Life

トイレのインテリアにジュエルオーキッド

家の中でも必ず毎日何度か訪れるトイレ。
少しでも落ち着ける場所にできると良いですよね。
そんなトイレのインテリアに最適な植物、ジュエルオーキッドをご紹介します。

ここにタイトルを入力

・トイレのインテリアにお困りの方
・植物を育てた経験が少ないけど、興味がある方
・変わった植物が育てたい方

トイレを彩る小さな緑

こちらは我が家のトイレに置かれた植物です。
どうでしょう?あまり見たことがないものだと思います。日本橋高島屋の新館、SOLSO HOMEという植物専門店で一目ぼれして購入したものでした。
まだ育て始めて長くは経っていませんが、植物のある生活、植物を育てる生活というのは心のどこかに安らぎを感じます。
トイレに行くときにほっと一息つくきっかけになりました。
…すでに一回枯らしかけましたけどね。笑
土が乾くタイミングで水をあげれば良い、という店員さんのアドバイスに沿って育てていたのですが、何分「土が乾くタイミング」というのが私も妻もよくわからず、思ったよりも水やりが少なかったようです。
何かを育てるのに十分な心構えができていなかったようで、反省。

葉脈が輝くジュエルオーキッド

ジュエルオーキッドの葉脈が輝く様子
そう、今回の記事作成に当たり初めて名前を調べました。
衝動買いというのは(ある程度育てやすいことは聞いていましたが)、本来知っているべきはずのことを色々すっ飛ばしますよね。
ジュエルオーキッドと呼ぶようです。
東南アジア原産ラン科の植物で、常緑性多年草だそうです。

葉の表面は乾いた産毛が密集しているような感じ。
何よりも特徴なのは、その葉脈。
黒っぽい葉に黄緑色の葉脈が光り走る様は、どこか神秘的です。
なぜこんなにも輝くのかわかりません。
ですが、非常に魅力的ですね。見ていて飽きません。
とはいえ、人によっては苦手かもしれないですね。

暑さに強く、寒さに弱い、湿度の高い場所を好む植物

ジュエルオーキッドを上から撮ったもの
ということで、育てやすさは割と簡単。
それを枯らしかけた私は何も言えませんが。
直射日光が苦手で、湿度も高めなところを好む様子。
結果論ではありますが、トイレは向いていたのではないでしょうか。
原産が亜熱帯ということがわかればある程度育て方のイメージがつくのは不思議なところ。
肥料も不要、病害虫もほとんどないということで植物育てる初心者には有難いかぎりです。

購入後、約3か月の様子

ジュエルオーキッド育てて3か月の様子
その後、3か月。
毎日水をあげているだけですが、特に失敗もなく成長しています。
ちゃんと葉の芽が出てきている。
成長がわかるのはうれしいですね。