Life

茅乃舎のだしで風味豊かな味噌汁を作る

自分で作る味噌汁に革命が起きました

トントンとまな板を叩く音、立ち昇る湯気、台所を満たす出汁の香り。
日本の朝の原風景ですね。
皆さん味噌汁はお好きですか?
日本人たるもの、というつもりは毛頭ありませんが、幼い頃から食文化として根付いている方は多いはずです。
私もその1人ですが、実は学生の頃はそこまで好きではありませんでした。
特に汁を飲む、という点がピンと来ず、旅館の朝食でも家庭料理でも味噌汁は基本的に具を食すのみ、という具合です。

ですが、この茅乃舎の出汁に出会いが「汁を楽しむ」という私の食生活に大きな変化を与えました。
今日は茅乃舎の出汁について紹介します。

2010年に東京出店した福岡老舗メーカーのブランド

茅乃舎を初めて知った時には、そういう老舗店があるのかと思いましたが、実はお店ではなく「株式会社久原本家」という福岡に社を持つ食品メーカーの1ブランドのようです。
久原本家は120年の歴史を持つ老舗、醤油の醸造から始まった会社で、そこが2005年に茅乃舎レストランというレストランを開業したことに端を発します。
お店を訪れたお客様の「家庭でも味わいたい」という声を受け作られ、またレストランではない「茅乃舎」で販売が始まりました。

調べてみると、東京出店は2010年4月に六本木のミッドタウンが第1号です。
現在は、コレド室町や新宿高島屋、東京駅など都心には数多く出店しています。
私が初めて食したのは、実家(関東圏)に帰った時に母からもらったものがきっかけでしたね。
母も友人から聞いたようなので、出店当時から口コミでけっこう広がっていたようです。

焼きあごをベースにした極上の出汁

あご(トビウオ)、鰹、真昆布、うるめいわし、4つの素材をベースにしています。
市販の出汁に比べると、味噌汁を食卓に置いた時点で断然強く香り立ちます。
汁を口に含むと一層その風味が広がり、一口で深い味わいを感じられます。

調理法は万能。
味噌汁は当然、豚汁のような肉類メインでも、野菜類メインでも上手くマッチします。
使い方は特に市販の出汁と変わりません。

このようにパックになっていますが、パックを破いて中身を直接使っても、しっかり粉砕されているので、気にならないです。

実際に使用例としても推奨されていますしね。
素材を実際に食している感じが強くなるので、おすすめです。
個人的にはごま油で軽く炒めたゴボウを入れると、コクが出て好きです。

豚汁や鶏団子汁をよく作りますね。


鯖缶を使った味噌汁でも、同じ魚でケンカしないか気になりましたが問題ありませんでした。


またこれは正月に作った餅抜きの雑煮ですね。
いわゆる澄まし汁ですが、こちらの方がより出汁が引き立つので合わないわけがありません。

紹介した、あごなどをベースにした出汁のほかに、野菜だしや煮干だし、椎茸だしなどいろいろな種類があります。
前述のように各地に出店していて、確か出汁の試飲もできたはず。
オンラインでも購入できますが、ぜひお店に足を運んで色々試してもらいたいところです。
決して安いものではないですが、味噌汁を味わいたい、手間をかけて味噌汁を作りたい時の逸品になると思います。
ぜひご賞味ください。